ソーラー(太陽光)発電用パーマロイ電流センサー・CT(変流器)

● ソーラー(太陽光)発電用電流センサー・CT(変流器)●

ソーラー(太陽光)発電パネル

●ソーラー(太陽光)発電とは?

ソーラー(太陽光)発電は、シリコン半導体パネル(=太陽電池)に太陽光を当てることで電子を移動させ、その電位差を利用して電流を生じさせるものです。太陽の推定寿命は50億年といわれていますので、太陽エネルギーはいわば無尽蔵で、化石燃料を使う発電のように二酸化炭素を出さない「夢の発電方法」として注目を浴びています。

太陽電池/ソーラー(太陽光)発電【ソーラー(太陽光)発電の原理】

太陽電池は、上層部シリコンにリンを混ぜ電子が集まりやすいN型、下層部はホウ素を混ぜて空間(ホール)が出来やすいP型にします。太陽光を当てることで上層部は更に電子が増え、下層部はホールが増え落差が大きくなります。この段階で上層と下層を外部回路で繋ぐと、上の電子が下のホールに向け動き、電流が流れます。

 

 

●ソーラー(太陽光)発電に使われるCT(変流器)

当社のパーマロイCT(変流器)は、ソーラー(太陽光)発電で生じた電流を計測・制御するために重要な役割を果たしています。下記の写真は、日本の大手電機メーカーに納品し、実際にドイツのソーラー(太陽光)発電所で使われている当社の電流センサー・CT(変流器)です。

ソーラー(太陽光)発電回路
ソーラー(太陽光)発電用電流センサー・CT(変流器)
電流センサー・CT(変流器) 搭載
電流センサー・CT(変流器)

● ご質問は、下記へご連絡ください ●
↓↓↓

Phone : 03-3368-8061

中野パーマロイトップページへ
* *