PBパーマロイ電流センサーは自動車バッテリーの高性能化に貢献しています。

●自動車バッテリー高性能化に貢献するパーマロイ電流センサー●

1.自動車バッテリー

ご存じのように自動車には、様々な駆動モーターを始めヘッドライト・ブレーキランプ・ワイパー・カーナビ・オーディオなど電気を必要とする装置が数多く搭載されています。これらの装置へ電力を供給するのが一般にバッテリーと呼ばれている蓄電池です。蓄電池は化学反応によって電気を蓄えたり(充電)、放出したり(放電)しています。

自動車の電動装置例
蓄電池の化学反応
自動車の各種電動装例 バッテリーの化学反応

 

2.充放電を監視するパーマロイ電流センサー

最新電子制御機構を備えたハイブリッドカー(HV)やガソリンエンジン車などは、バッテリーケーブルをモニターする電流センサーにより、容量が一杯の時は発電機を止め、容量が減った時に発電機を働かせるしくみにしています。この電流センサーに使われるのが、微弱な電流が発生する磁場を検知出来る、パーマロイコアーです。今後の電気自動車(EV)や燃料電池自動車のバッテリー充放電監視装置に於いても、パーマロイは欠かせない存在と申せましょう。

自動車用リチウムイオン蓄電池 電流センサー 電流センサーコアー
リチウムイオンバッテリー バッテリー電流センサー 電流センサーコアー

3.電流センサー性能を高めるPBパーマロイ

上記のように、近年のハイブリッドカー・電気自動車などに於いて、バッテリーは欠くことのできない存在であり、バッテリーに付属された電流センサーが、その充放電電流や駆動電流の変化を高精度に検知し、電圧に変換して信号を回路に送る、重要な役目を担っています。

電流センサーから信号を受けたECM(Engine Control Module)と呼ばれるエンジン用コンピューターは、バッテリーの充放電状態を常にチェックしながら点火タイミングや燃料噴射などを小まめにムダなく効率的に制御して、その劣化を防いでいます※1

従って、電流センサーのコアーには「飽和磁束密度が高く、高い最大電流が検知できる/精密化・小型化が図れる/振動・衝撃に強く加工し易い」等々の条件が求められますが、現在 PB(41〜51% Ni)パーマロイは、それらの要求を満たす「電流センサーコアーとして最も適した材料」と云っても過言ではありません。
電流センサー

※1:バッテリー充放電制御
通常のリチウムイオンバッテリーは、充電状態が100%の時に充電したり0%の時に放電したりすると、その劣化が進みます。またハイブリッドカーに搭載されるニッケル水素バッテリーも、使用途中で充電を繰り返すと、起電力が低下してその容量が少なくなったように見える現象(=メモリー効果)が起きます。従って、それらのバッテリーはその状態を常時監視しながら小まめに指令を出し、フル充放電しないよう制御することが必要です。

 


● ご質問は、下記へご連絡ください ●
↓↓↓

Phone : 03-3368-8061

 

中野パーマロイトップページへ
* *