パーマロイ素材と焼鈍

 ● 素材の板厚寸法(単位mm)

PCパーマロイ
PBパーマロイ
公差
0.10
− 
±0.008
0.20
− 
±0.015
0.35
0.35
±0.020
0.50
0.50
±0.025
1.00
1.00
±0.050
※上記以外の板厚については、ご相談ください。

 

 ● スリッター公差

スリッター スリット幅許容差 20mm〜30mmは、幅の±0.5%以内
蛇行 1000mmについて、2mm以内
※コイルの形状については、ご相談ください。
※定尺板のご用命も承ります。
 ※ 様々な板材
*
*
*
*
フープ(1,000kg)
スリッター後のフープ
板材
シールド板

● パーマロイ素材について

中野パーマロイはその名の通り、鉄ニッケル系軟質磁性材料パーマロイを扱う商社です。

パーマロイは大きく分けてPC(78%Ni)、PB(PB(44%〜48%Ni)の二種類があります。この他にもPD(36%Ni)、PE(42〜50%Ni)、PF(54〜65%Ni)などがありますが、特殊な材料のため現在当社では扱っておらず、PC、PBのみを販売しております。

1.ソフトマグネティック

ソフトマグネティック(軟質磁性材料)とは、永久磁石のハードマグネティック(硬質磁性材料)と異なり、磁界に近づけると磁性を帯びて磁石になり、磁界から遠ざけると磁性を失う合金です。磁石になり易さ、或いは磁界を取り除くと磁化がなくなる応答の速さがソフトマグネティックの特長であり、磁界変動に素早く追随する磁気ヘッドやセンサー、そして磁界から保護(シールド)するために、透磁率(=磁石になり易さ)が高いパーマロイが重用されます。代表的なパーマロイの機能と、その使用例について説明しましょう。
【出典:ソフトマグネティック金属材料のはなし(社団法人:日本電子材料工業会編)】

コイルを巻いて電流を流し
強い磁界を発生させる

【磁気ヘッド・モーター】
コイルを巻いて
変動する磁界に置くことで
コイルに電流を発生させる
トランス・発電機】
磁気を閉じ込め
磁石の最大電磁誘導効果を得る

ヨーク
磁気ヘッド、モーター トランスコアー、発電機コアー ヨーク

磁界を強制的に取り込むことで
内部の器機の帯磁を防ぐ
磁気シールド
変動する磁界中に置くことで
金属の機械的伸縮を利用する
【磁歪振動子】
磁気シールド 磁歪振動子

2.PCパーマロイとPBパーマロイの特長

PC(78%Ni)パーマロイは初期透磁率μi=60,000、最大透磁率μm=180,000と高い透磁率を誇り、加工性が高いことから高感度・高性能の小型電子部品材料として最も適しており、ヘッドコア、シールドカバー、シールドルームなどに使われます。

PB(PB(44%〜48%Ni)パーマロイは飽和磁束密度が1.5テスラと高く、強い磁石になれるという特色があり、PCに比べてコスト面でも安いという利点があるため、通信機用のコアー、リレーの鉄芯、振動板などに使われます。

3.当社で取り扱うPCパーマロイとPBパーマロイの板厚一覧

現在当社が主として扱っている、PCとPBパーマロイ材の板厚は以下の通りです。これ以外の板厚については当社営業担当者にお問い合わせください。また、材料メーカーへ発注してから納品されるまでに平均3ヶ月掛かりますので、納期に余裕を持ってご注文ください。

PC パーマロイ PB パーマロイ
0.10
0.20
0.35 0.35
0.50 0.50
1.00 1.00
  (単位:mm)

 

 ● パーマロイ素材管理の一元化

パーマロイ素材購入、スリッター切断幅指示、加工先への材料送付、そして在庫管理を更に効率化させるため、総務マネージャー丸山毅が素材の一元管理を行うことになりました。経理・総務で培った数値感覚を、パーマロイ製品製造の要となる素材管理でも徹底させ、お客様のご要望にお応え出来るよう努力いたします。(2012年12月1日)


● ご質問は、下記へご連絡ください ●
↓↓↓

Phone : 03-3368-8061

中野パーマロイトップページへ
会社案内
what's new
パーマロイについて
パーマロイ素材と焼鈍
素材・スリッター
軟化焼鈍・圧延・切断
磁性焼鈍
パーマロイの精密加工
センサーコアー製品
磁気遮蔽、シールド製品
現在パートナー会社で取り扱っています
関連情報、リンク集
*
* *