CT(変流器)やZCT(零相変流器)やDCセンサーは、現在パートナー会社で取り扱っています。

CT(変流器)・ZCT(零相変流器)・DCセンサー・ZCT(地絡継電器製品)

 ● CT(変流器)について

パーマロイは小さな磁力を電流に変えたり、小さな電流から大きな磁力を発生させるのが得意です。代表的な製品が、ZCT(零相変流器)およびDCセンサー(直流電流センサー)です。

【ご注意】
当社はパーマロイコアーを販売している会社で、
そのコアーを組み込んだ変流器は扱っておりません。

 ●ZCT(零相変流器)

 ●DC(直流電流)センサー

電源の往復電流を変流器の一次側に通すと、正常時には両電流の磁束は相殺して零になります。従って二次コイル出力も零です。 漏電時には平行破綻分だけ出力するので、これが警報シグナルとなります。微弱な漏電の流れを感知するのはパーマロイだけです。 導線に流れる小さな直流電流の上昇がパーマロイの磁束密度を高め、ホール素子が電流に比例した電圧を出力し、導線の直流電流を制御します。
ZCT(零相変流器)
DCセンサー直流電流センサー
ZCTは、例えば配電盤や水に関わりのある様々な機器の漏電ブレーカーなどに組込まれています。 DCセンサーは、例えばインバーターや直流モーターの回転制御装置などに多用されています。
ZCT(零相変流器)搭載配電盤
ZCT(零相変流器)温水洗浄装置
ZCT(零相変流器)自動販売機
DCセンサー=インバーターエアコン
DCセンサー搭載車両
配電盤
温水洗浄装置
自動販売機
インバーターエアコン
車両の直流モーター

 

 ● 大型CT(変流器)

大型CT(変流器)1・常時在庫
大型CT(直径300〜850φ・重量100kg以上)用のPCパーマロイは 板厚が薄く(0.1〜0.2mm)、磁気特性を保つための焼鈍も綿密に行うため、納期には余裕を持ってご注文ください。

2・CTケース
通常、CTケースは左図のように構成されますが、10年以上の実績と経験が短期製作を可能にしています。

3・850φ磁性焼鈍炉がCT特性を最大限に引き出します
弊社の最高の透磁率を誇る大型CT用PCパーマロイは、その高特性が故に変電所向けとして主に使用されています。

 

 

 ● 大型CT(変流器)設置事例【台湾新幹線】

CT(変流器)搭載車両
大型CT(変流器)
台湾新幹線(写真=神戸新聞)
於:川崎重工業兵庫工場
大型CT(変流器)用
パーマロイコア

2007年1月5日台湾新幹線が開通しました。中野パーマロイ製のパーマロイコアを使った大型CT(変流器)は、その新幹線に沿って建てられる変電所に於て、電流を一定に保つための装置として使われています。

 

 

 

 ● 漏電事故を防止する地絡継電器

電線に樹木が接触したり電線被膜が劣化して剥がれることにより、普段は接触していない大地と電気機器の間に、電気的接続が生じることを地絡(ちらく)と言います。天井裏配線がネズミにかじられて起きるいわゆる「漏電」もこの地絡現象ですが、このような状態になると感電や火災の原因になりますので、地絡を常に監視し事故を防ぐ地絡継電器が必要となります。

この地絡継電器に於いて電流検出の役目を担っているのが、零相変流器(Zero Phase Current Transformer=ZCT)です。地絡が起こると電流の行きと帰りに差が生じ、この差で生じた磁束をZCT(零相変流器)が感知し、電磁誘導の原理で生じた電流を地絡継電器(Ground Relay=GR/Directional Ground Relay=DGR )に送ることで、遮断機(Circuit Breaker=CB)を作動させます。このZCT(零相変流器)のコアーに使われるのが、微弱な電流の変化に敏感に反応するPCパーマロイです。

地絡継電器(零相変流器=ZCT)回路図
地絡継電器(零相変流器=ZCT):01
地絡継電器(零相変流器=ZCT):02

地絡継電器回路とZCT

分割形ZCT(零相変流器)
(高圧用AC6900V)
貫通形ZCT(零相変流器)
(低圧用AC600V)

 


CT及びZCT等は、現在パートナー会社で取り扱っています。
● ご質問は、下記へご連絡ください ●
↓↓↓

Phone : 03-3368-8061

 

中野パーマロイトップページへ
会社案内
what's new
パーマロイについて
パーマロイ素材と焼鈍
パーマロイの精密加工
電流センサーコアー等
磁気遮蔽、シールド製品
現在パートナー会社で取り扱っています
現在パートナー会社で取り扱っています
現在パートナー会社で取り扱っています
現在パートナー会社で取り扱っています
現在パートナー会社で取り扱っています
現在パートナー会社で取り扱っています
現在パートナー会社で取り扱っています
関連情報、リンク集
*
* *